空港でラウンジサービスを利用できるクレジットカード



飛行機をよく利用される方はご存知かと思いますが、空港には「エアポートラウンジ」と呼ばれる、割と高級な待合室が用意されています。

エアポートラウンジは誰でも無料で利用できるわけではなく、たとえば羽田空港のエアポートラウンジであれば、本人名義のクレジットカードと当日の搭乗内容が確認できる搭乗券または控え等を持っている方が無料で利用できるというように、クレジットカードを持っていることで優遇されるサービスがあります。

ですので、飛行機を頻繁に利用される方などは、空港で上質なサービスを受けられるクレジットカードを1枚持っておくと、出発前の待ち時間を有意義に過ごすことができます。

なお、JALカード初のAMEXブランドのカードが最近話題で、国内主要空港やハワイ・ホノルル国際空港に会員限定のラウンジが用意されていたり、プラチナ会員になれば、世界600以上の空港ラウンジで「プライオリティ・パス」が無料で利用できたり、専任スタッフによるコンシェルジュサービスや、国内・海外の一流ホテル、厳選された上質なダイニングやスパなどで、会員限定の特別優待サービスが受けれたりします。

なお、「JALアメリカン・エキスプレスカード」は、通常100円=1マイルのところ、最大100円=4マイルというように、還元率がとても高いカードとしても注目されていますので、飛行機をよく利用される方は、一度、検討してみてはいかがでしょうか。

また、「JALアメリカン・エキスプレスカード」以外でも、基本的に、クレジットカード各社は、主にゴールド以上の会員向けに、日本全国の空港ラウンジを無料で使えるサービスを展開しています。

ゴールド以上の会員向けサービスとなるので、基本的に「年会費」は発生しますが、飛行機に乗る機会が多い方などは、こういったサービスを受けれるカードを1枚持っておくとよいでしょう。

なお、この場合、カード選びを行う際に気になるのが「年会費」、そしていっしょに旅行に行く「家族」や「同伴者」もラウンジが無料で利用できるかどうかというところ。そして、どの空港のラウンジが利用できるかもチェックしておきたい。

その点、「イオンゴールドカードセゾン」は年会費無料で、羽田空港国内線のラウンジを利用できます。(イオンゴールドカードセゾンは、イオンカードセレクトを利用して一定の条件を満たすとインビテーション(特別招待)が送られてきます)

また、「三井住友トラストVISAポイントクラブゴールドカード」だと、年会費が2625円で、国内28空港で利用でき、家族会員の利用は無料、「UCSゴールドカード」は、年会費が3150円で、国内27空港+ホノルルで利用でき、家族会員の利用は無料、「シティエリート」は、年会費3150円で、国内28空港で利用でき、家族会員の利用は無料、「シティリワードカード」は、年会費3150円で、国内28空港で利用でき、家族会員の利用は無料です。しかし、いずれのカードも、家族会員のカードの年会費は有料で、同伴者の利用も有料となります。

同伴者も1名、ラウンジを利用できるのが、「JALアメリカン・エキスプレスカード」や「ANAアメリカン・エキスプレスカード

出張が多く、家族以外の同伴者を連れていることが多い場合は、おすすめの1枚と言えるでしょう。

なお、ラウンジサービスでクレジットカードを選ぶ際は「自分がよく使う空港で、どのようなサービスが受けれるのか?」という点も、あらかじめ調べておくことがポイントです。グーグルやヤフー検索で「空港名+ラウンジ」と検索して調べてみると、ある程度はサービス内容がわかるので、あらかじめ確認しておきたいところです。

また、海外に頻繁に足を運ぶ方などは、世界600ヶ所以上の空港ラウンジが使える「プライオリティパス」のプレステージ会員資格が付帯されるかどうか、などもポイントで、こちらも家族カードの場合はどうなのか?年会費は?というようなことが検討材料のひとつとなる。