交通系ICカードが相互利用開始



PASMO(パスも)やSuica(スイカ)などの、いわゆる「交通系ICカード」が、2013年3月23日から、10種類、相互利用できるようになりました。

相互利用できるエリアとしては、「Kitaca」のエリア、「Pasmo」のエリア、「Suica」のエリア、「TOICA」のエリア、「manaca」のエリア、「PiTaPa」のエリア、「ICOCA」のエリア、「nimoca」のエリア、「はやかけん」のエリア、「SUGOCA」のエリアの10種類。

以上のエリアで、電車もバスも利用でき、買い物も相互利用ができるようになりました。

つまり、これからは、この10種類の交通系ICカードのいずれかを持っていれば、全国どこの鉄道でも乗れますし、鉄道系のクレジットカードのポイントがより貯めやすくなったとも言えるわけです。

 


ちなみに、小田急ポイントカード【OPクレジット】は、PASMOオートチャージサービスにも対応していますし、年間1回でもオートチャージすればカードの次年度の年会費が無料となるので、小田急線を利用する方はもちろんのこと、その他の地域の方でも交通系カードとして利用を考えている方には、お得なカードといえるでしょう。