ポイントの価値が高い航空系クレジットカード



出張などで飛行機に乗る機会の多い方が「今年は飛行機にたくさん乗ったから、貯まったマイルで、無料で旅行しよう」と言ってるのを耳にしたことがある方は少なくないと思います。

国内主要航空会社の全日空(ANA)、日本航空(JAL)、ともに「ANAマイレージクラブ」「JALマイレージバンク」というように、クレジットカードを利用するとマイルと呼ばれるポイントが加算され、その貯まったマイルに応じて特典航空券をプレゼントするという仕組みを採用しています。

 


ちなみに、通常はクレジットカードのポイントは、1ポイント=1円くらいの還元率なのですが、航空会社のマイルの場合、たとえば、北海道から九州、北から南の「札幌⇔福岡」の片道航空券が、通常5万円くらいかかるところを、1万ポイントくらいで受け取ることができるというように、マイルで特典航空券を受け取ることにより、貯めたポイントの価値を高めることができます。

今では、ANAもJALも、ともに片道7500マイルから特典航空券を受け取ることができるので、マイルの有効期限が切れる3年以内に7500ポイント、つまり、おおよそ年間25万円以上、クレジットカードを利用してマイルを貯めれば特典の航空券を受け取ることができる計算です。

また、今は水道光熱費や携帯料金もクレジットカードで払うことができるので、日常生活にかかるお金をクレジットカード払いに変えるだけでマイルを貯めていくこともできるので、クレジットカードでためたポイントで、しょっちゅう無料で旅行してる人も多いようです。また、ANAJCBカードをはじめ、入会しただけで何万ポイントものマイルをプレゼントしている場合もあるので、これからクレジットカードを新たに作成するような場合は、「入会特典としてマイルがプレゼントされるかどうか」という基準で選んでみるのもひとつの方法ではないでしょうか。

このように、クレジットカードで貯めたポイントを最終的にどのようなカタチで使うのかというのも、クレジットカード選びの際は重要となるポイントといえるでしょう。